わたしはけっこうムダ毛が多いほうで、小さいときからお友達に「腕の毛が濃いねえ」なんて言われていました。

 

でも小学生のときはたいして気にもせず、やはりムダ毛が濃い友達と見せっこをしてふざけたりしていたんです。

 

これではいけないと思うようになったのは中学生になってからで、中学1年生の夏、半そでのブラウスに衣替えする時に初めてかみそりで腕のムダ毛をそって、自分で処理をしました。

 

母がいつも使っているかみそりがあったので、それを無断で拝借しておそるおそる腕の毛をそったのを覚えています。

 

かみそりでそった腕はきれいにすっきりなってとてもうれしかったのですが、そった後がひりひりして痛くなり、あわてて薬箱からオロナインを出して塗りました。
ありがたいことにオロナインはよく効いてくれ、痛みがおさまったのでほっとしました。

 

腕をそってきれいになるとなんだかうれしくなり、ひざの下のムダ毛もそってみました。
この時はひりひりしないようにと、あらかじめオロナインをたっぷりぬっておいてからそりました。おかげで痛みもなくすべすべになったので、満足しました。

 

わたしの始めての脱毛は腕と足の毛をかみそりでそるというものでしたが、脇の下の毛は生えてくるのが遅くて中学3年生位のときから処理をし始めたと思います。

 

いずれもかみそりでそるというシンプルなもので、アフターケアにオロナインが手放せませんでした。